モンサント社なしで世界を養う方法は?

毎日1分ごとに、私たちの地球は255人の赤ん坊を世に迎え入れている。これは、新たに養わねばならない口が毎年1億3,400万人分増えるということだ。今後30年の間に、世界の人口は合計で22億人増加することになる。

遺伝子工学を用いて、植物に除草剤や殺虫剤への耐性を持たせたり、収穫量の増加を理論的に可能にするような特性を与えたりすることを、世界中の人々が受け入れなければならない主な理由として、アグリビジネス企業大手、モンサント社の最高経営責任者であるヒュー・グラント氏は、世界の人口が急激に増加していることをしばしば引き合いに出す。グラント氏を始め多くの人々が、遺伝子組み換えを行わなければ、世界の人々は餓死する運命にあるということを確信しているようだ。

しかし、もっとよく調べてみると、このような「参加するか死か」という立場は、見かけほど絶対的なものではない。The Union of Concerned Scientists(憂慮する科学者連合)が私たちに気付かせてくれるのは、作物の収穫量を増やす伝統的な方法がいくつか存在すること、そしてさらに、世界の食糧難を解決するにあたって、生産量の多い作物というのは数ある対策のうちのほんの一策に過ぎないということだ。より大きな鍵となるのは、食料を買うための収入が不足していること、開発地域の農民たちの不利益となるような貿易政策、そして、肥料や水などの投入量が足りないことなのである。

実際に現場では、モンサント社の遺伝子組み換え(GM)作物が救済手段となる保証はないということが証明されている。モンサント社の広告で約束されただけの収穫をあげることができず、特許を理由に農民たちが種を取っておくことを認められない場合、インドのような場所では、コミュニティ全体が飢餓に追い込まれてしまう可能性がある。

“遺伝子組み換えを行わなければ、世界の人々は餓死する運命にあるということを確信しているようだ。”

世界の飢える人々を養うという問題を除いても、遺伝子組み換え作物には、様々な懸念が寄せられてきた。世界保健機関(WHO)は、生物多様性に関して次のようにまとめている。

「現在行われている調査では、以下のことに焦点を当てている。益虫に対して有害な影響が及ぼされる可能性、または耐性を持つ昆虫の急速な誘発を招くこと。新しい植物病原菌が生じる可能性。植物の多様性および野生動物に有害な影響が及ぼされる可能性。ならびに特定の地域的状況において、重要な輪作の実施が減少すること。除草剤に耐性を持つ遺伝子が他の植物に転移すること」

[最後の点に関しては、雑草や害虫を制圧しようとするモンサント社のたゆまぬ努力に対して、耐性を持つようになった雑草や害虫がいるということが、最近明らかになった。]

人間の健康に関する問題もいまだに残っている。実験用マウスが腎臓、肝臓、生殖組織にダメージを受けたのは、モンサント社の遺伝子組み換え(GM)トウモロコシを含む餌を食べていたせいだとする研究がいくつかある。活動家たちは、これらのような理由を掲げ、「悪辣」とか「欺瞞」などといった言葉を用いて、しばしばモンサント社の不正に抗議の声を上げている。これに対して、モンサント社を擁護する人々は、モンサント社も、他の企業と同じように、株主のためにお金を稼ぐ存在なのだと反論する。

しかし、どちらの立場も、言を弄しているだけのように思われる。最終的には個人の判断にかかっているのだ。とはいえ、普通の買い手に、十分な情報を手に入れることができるのだろうか? それどころか、モンサント社の製品を避けることすら可能なのだろうか? モンサント社の製品はアメリカ中どこにでもあるので、普通のアメリカ人は、自分たちが消費する食べ物を一口食べるごとに、自分ではそれと気づきすらしないまま、モンサント社を支えてしまっているのだ。

これは、ブランド名は表示されていないが、加工食品のなかに、原料としてモンサント社の遺伝子組み換え作物が入っているためだ(2つだけ例をあげると、遺伝子組み換えトウモロコシから作られた異性化糖、遺伝子組み換え大豆から作られた大豆レシチンなど)。ゼネラル・ミルズ社からネスレ社に至るまで、食品メーカーはモンサント社の製品を使っている。しかし、ラベルを見ても、そのことは決して分からないのだ。

モンサント社なしの1カ月

今年の春、私は、自分が食べるもののうちどれくらいがモンサント社の製品を使ったものなのかを正確に知りたいと心に決めた。モンサント社がどこまで私の生活の中に入り込んでいるのかを知るために、私は、1カ月間、モンサント社の製品を1つも口にしないということを試みた。

モンサント社は、アメリカの大豆の90%、トウモロコシの85%、サトウダイコンの95%を抑えている。そのすべてが、遺伝子組み換えされたものだ。これらの生産物から作られた加工食品の成分を口にしないということは、即座に、スーパーマーケットの棚に並ぶ品々の大部分が私の「NO」リストに入るということを意味した。さらに、牛からサケまですべてがモンサント社のトウモロコシを餌として与えられているので、肉や乳製品にはほとんど手を出すことができなかった。

“モンサント社の種子バンクが市場の大部分を支配しているため、アメリカの農場経営者は、有機農法を行っている者でさえも、モンサント社から種を買う以外にほとんど選択肢がない。”

さらに分かったことは、モンサント社がここ10年の間に種苗会社を買い占め、独占といえるような立場を市場で固めてきたことだ(それゆえに、独占禁止法に関する調査が現在米司法省によって行われている)。今や数ある子会社の種苗会社の1つとなったセミニス社を買収したとき、モンサント社は、トウガラシからサヤエンドウ、レタスからライマメに至るアメリカの野菜種子市場のうち、推定40%の支配権を1度に手中に収めた。

モンサント社の種子バンクが市場の大部分を支配しているため、アメリカの農場経営者は、有機農法を行っている者でさえも、モンサント社から種を買う以外にほとんど選択肢がない。モンサント社の製品を避けるという私の試みにおいて、何を食べるべきかということを知る唯一の方法は、どの食品についても、その元となった種が誰のものだったのかを知ることだった。

好奇心からちょっと覗き見をと始めたことが、全精力を傾けて何か食べるものを探そうと努力する羽目になってしまった。いつもの食べ物を、その原料の種の出所まで辿るために、私は精力的に何日も費やし、さらには数週間を費やした。モンサント社の製品を使わないことを誇りにしているコメ農家のグレッグ・マッサと連絡を取った。また、アニーズ社の最高経営責任者は、有機農法による自社のマカロニとチーズもまた、材料にモンサント社の製品を使っていないことをはっきり述べた。

私は、地元の農産物直売市へ行き、有機農業を営む農場経営者たちに種をどこで買ったのかを尋ね、そしてモンサント社由来ではない農産物を買い込んだ。また、牧草で家畜を育てている農家から、肉や乳製品を購入した。少しずつ、私が食べることのできるものは増えていった。充分にたくさんあるというわけにはいかなかったが、その月の終わりには、私の食事は、主に米、肉、野菜から成る、バランスのとれた健康的なものになっていた。

遺伝子組み換え食品:受け入れるか、拒否するか?

モンサント社の製品を避けるのがとても難しいことを考えると、私たちは遺伝子組み換え食品を世界的な解決策として受け入れ、飢えた人々を何とか養い続けるべきなのだろうか? いまだに様々な事実が集められ、議論され、検討されている(今週の最高裁判所の決定でも証明された)。

ジョン・ジェヴァンズ氏は、著書『How to Grow More Vegetables : Than You Ever Thought Possible on Less Land Than You Can Imagine(より多くの野菜を育てる方法:考えられないほど小さな土地で、考えられないほど多くの野菜を育てる)』のなかで、自らが「小型農法」と呼ぶ農法を説明する。標準的なアメリカの農業で生産することのできる量の平均2~6倍もの量を産出する有機農法だ。ジェヴァンズ氏によると、地球上のすべての人は、よく管理された土地がそれぞれたった9.3㎡あれば自分を養っていくことができるという。

“地球上のすべての人は、よく管理された土地がそれぞれたった9.3㎡あれば自分を養っていくことができるという。”

あまり知られていないが、植物学者のスー・エドワーズ氏の研究によると、エチオピアにある有機園芸の実験場では、試験的に栽培されたすべての作物の収穫量がきわめて高かったという。2008年、国連貿易開発会議(UNCTAD)は、「アフリカにおいて、有機農法は、従来の生産システムのほぼどれよりも食料確保に貢献することができ……おそらく長期的には、持続可能なシステムとなる可能性がより高いだろう」と述べ、有機農法を支持した。

遺伝子組み換え食品を奉ずるモンサント社の一作物栽培ではなく、有機農法を支持する方向を指し示すデータがますます多くなっていると同時に、アメリカ式の農法にとって不利となるデータも増え続けている。

2007年、アメリカでは、1960年の5倍以上の肥料が使われたが、作物の収穫高の増加量は、推定50%とはるかに遅れていた。汚染の原因となる殺虫剤の使用量はこれまでになく高いが、その一方で、今や60年前よりも多くの作物が害虫の被害にあっている。産業的な農業は明らかに持続不可能なのだという主張を支持する科学者の数は、ますます増している。

世界の飢える人々をどのように養うのかという問題がいまだ立ちはだかる一方で、その答えが言を弄する類のものではないのは明らかだ――それは、科学的なものなのだ。世界的なコミュニティとして、私たちの食料がどのように作られているのかについて、事実を正直に見つめるときがきたのだ。

そして個人としては、もし巨大企業のやり方がよいと思えない場合には、私たちは自分たちの食べるものによって変化を作りだす力を持っている。私たちには、それを行うための1億3,400万もの新たな理由が、毎年与えられるのだ。

← • →

「モンサント社なしの1カ月」プロジェクトに関する情報をさらにお求めの方は、http://www.monthwithoutmonsanto.comをご覧ください。または、Facebookで行われている会話にご参加ください。

翻訳:山根麻子

Creative Commons License
モンサント社なしで世界を養う方法は? by エープリル・ダヴィラ is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

ディスカッションに参加しよう

著者

エープリル・ダヴィラ氏は、ロサンジェルス在住のフリーのライター。彼女の活動については、http://www.AprilDavila.comで詳しく知ることができる。

ディスカッションに参加しよう

  • http://twitter.com/yuuki987 yuuki987

    貴重な情報を有り難うございます。アメリカで一応は組み換え作物を使用してない食生活は
    出来るのですね? パンドラの箱の中の希望のように思えました。。

  • http://twitter.com/yuuki987 yuuki987

    貴重な情報を有り難うございます。アメリカで一応は組み換え作物を使用してない食生活は
    出来るのですね?パンドラの箱の中の希望のように思えました。。

  • Sasahiro

    農家自身がリッチになりたいと願い行う商業的農業と、生きていくうえで最低限のカロリーを確保しようという基本的農業を単純に並べて、議論しても仕方がないように思います。先進国の農家も豊かになりたい、利益をあげたいと願い、遺伝子組み換え種子等を利用して効率的な農業を志向しているわけです。日本でも、農業で600万円~1000万円の年収が得られないから、農業人口が減るわけですよね。例え持続可能な方法で、体に良い作物が栽培できたとしても、儲からないならねぇ。。。道徳なき経済は罪悪、経済なき道徳は寝言。難しい問題ですね。

    • hasegawa tutomu

      本当にそう思います。アメリカの話を鵜呑みにしてきた政府、自分達が有ります。ものを作っている人達は大変でしょう。

  • http://ameblo.jp/trakiti2009/ Trakiti2001

    TPPについて調べてたら モンサント会社が 関わってきました。
    北海道十勝のめむろで畑作専業農家を30年以上経験してますが モンサントに振り回された農家を思うと心痛察する思いです。  必ず正義が勝つ事に祈願します。 

  • Rie

    本日(6月21日)までですが、農林水産省が、遺伝子組み換セイヨウナタネ、トウモロコシ、およびワタの承認に先だっての意見を募集しています。https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/b3da.html

  • Kfiefngerw

    この記事を参考にモンサント社についてのレポートを書かせていただきます。

  • 水浦俊博

    我々の身体は食べた物で出来ている。何を食べるかは、人生の重要な選択だ。その選択肢を狭めるのは危険極まりないと思います。儲け主義の会社のお説教ほど信用出来ないものは無い。

  • Keishi inoue

    劣等感を持たざるを得ない状況になると、まわりに対する憎悪が育ち愛情が薄れます。その人たちは周りを汚しても心が痛まない人たちです。ただ効率のみを大切にし、それを追求
    すると知識の取り入れの効率がよくなっても愛情が育たないのです。地球を汚すことにあまり抵抗を感じない人たちは、汚れたら「火星に」行くことに道を見出そうとするようです。不幸な宗教・文化から劣等感に刺激されながら、後戻りできない大変なものがはびこってしまいました。劣等感は恐ろしいものなのです。嘆いてばかりではいけません。地球社会で、本当の賢者の方たちに集まってもらって、際限のない欲望をコントロールしていくしかなさそうですね。

  • さとうともひろ

    遺伝子組み換えの種子の生産は、日本、アジアや欧州でも行われているのでしょうか。米国ではモンサント社産種子が大豆の90%、トウモロコシの85%、サトウダイコンの95%を占めているといいますが、日本でも遺伝子組み換え種子がかなり普及しているのでしょうか?

  • N Takizawa

    ここに書かれていることだけではなくオリジナルの文献をちゃんと読んだ方が良いと思います。そして自分で考えてみてください。特に数字には注意が必要だと思います。オリジナルには「The information on page xiii illustrates how, in aslittle as 12 years, there may be an average of just 9,000 squarefeet (or less) of farmable land per person to feed most peopleon Earth. But regardless of the amount of arable land available,as early as 1992, many countries had only enough water to irri-gate 4,000 square feet per person.」 とあります。9000sqfは換算すると376sqmで、9.3sqmではありません。

  • unachang

    『地球上のすべての人は、よく管理された土地がそれぞれたった9.3㎡あれば自分を養っていくことができるという』というくだりに感銘を受け、FB上でシェアしましたところ、オリジナルの文献 http://scr.bi/9iKpgF を読まれた方より、4000sqf(60m四方)の誤りではないか?という指摘を受けました。日本の米消費量を考えると、なるほど、9.3m四方では体感的にも無理があると感じます。どうぞご精査ください

  • kawamari0666

    ちょうど「フードインク」を見たところで、モンサント社について調べていてこのサイトにたどり着きました。日本がアメリカと同じようにならなければいいのですが。もっとよく知っていかないといけないと思いました。

  • みやち 治美

    自分のしている農法が正しいことを確認して、勇気が湧きました。実は少ない土地に数多くの野菜やハーブ、果物草木を混植えし、成果を上げていたからです。

  • 豚骨大魔王

    僕の友人がここ福岡市で農業を営んでいます。
    農薬はおろか化成肥料も除草剤も殺虫剤も、とにかく化学物質は一切使わずに米や野菜を作っています。
    しかもこれが周りの農家よりも収穫量が多いんです。
    そして農業の本懐として、他のどんな作物よりも美味しいのです。

    彼曰く、植物は主たる養分生成は光合成であって、根は土壌の微生物の助けを受けてやっと養分を吸えるのだと。
    そして色んな作物をかわるがわる植える事によって、土は力を保つ事が出来るのだと。

    一方遺伝子組み換え作物を植えると、その作物に合わせて微生物はちょっと進化してしまい、
    それ以降その土壌では遺伝子組み換えの作物しか育たなくなるとの事でした。

    元々植物は人の手を借りずとも、自然の中で健やかに育っていたのです。

    農民が自然と上手く付き合い、折り合いをつけて農業をすれば、
    化学物質なんて使わずとも、美味しい作物が沢山採れるのです。

    地球を汚染してドルに替えるなんて事は天地人これを許すまじ。

  • コスタリカ共和村  山下 由佳

    台所から出る種を集めて、粘土団子で、撒いています。あっちこっちに、土環境さえあれば、プランターでも可能。種は、特別なものではありません。自給自足の作物を考えれば、気さくな人とのシードバンク、相手の見える交換ができるだけでいいのではないかと気づきました。 組織は必要なし。相手の見えない種の交換は危険。遺伝子組み換え、他殺する種を受け取る可能性もありますものね。