討論会2.0:WWFの印刷できないファイル

天才的アイディアか、それとも馬鹿馬鹿しい思いつきか。WWF(世界自然保護基金)の内部で、新しいファイル形式が作り出された。PDFファイルに似ているが、決定的に違うところが1つだけある。このファイルは印刷することができないのだ。ファイルの拡張子はもちろん「.wwf」である。

このようなファイル形式が考え出された理由は単純明快だ。WWFの話では、世界では毎日100万トンの紙が使われている。

「生産の拡大と製紙用材木の伐採が、残された最後の天然林とそれに依存して暮らす人々や野生動物を脅かしています。また、紙に対する世界的需要は、気候変動にも大きな影響を与えているのです」

だから、使う量を減らせばいい、とWWFはいう。wwf形式の文書を作るためには、無料のソフトウェアをインストールする必要があるが、PDF文書を読むことができれば大抵その文書を開くことができる。このアイディアはWWFドイツによって考え出され、12月に公開された。

予想にたがわず、印刷業界はこれをまったく歓迎していない

このファイル形式については、私もいくつか疑問がある。これには、デジタル著作権管理に関するものの中でも最悪の要素が含まれている。利用者は自分自身の判断で印刷を行うことができるほど賢明ではない、というWWFの考えを示しているととれるのだ。

もし持続可能な管理が行われている森林の木から生産された紙を使うなら、印刷をすることで実際に森林の木々の維持に貢献しているのだ、と主張することもできるかもしれない。最近WWFは「Check your paper(自分の使う紙をチェックする)」というサイトを立ち上げた。このサイトでは、自分が使う紙の由来をチェックすることができる。

最後に、いずれにせよ説得力のある証拠を目にしたことはないのだが、しかし仮にコンピューターの画面上で文書を長々と見つめることになった場合、そのために電力を消費した結果排出される二酸化炭素の量は、紙を印刷した場合に生じる二酸化炭素の量よりも多くなるのではないだろうか。WWFの話では、誰もこの新しいファイル形式を使うことを強制されるわけではない。また、このプロジェクトは意識の向上に役立っているということだ。

WWF UK Forest and Trade Network(WWFイギリス森林通商ネットワーク)のマネージャー、ジュリア・ヤング氏は次のように話した。

「WWFは新たに考案したファイル形式を中心に据え、「Save as WWF―Save a Tree」(wwfで文書を保存して木を救う)計画を始動させましたが、これはネット上でもそれ以外の場所でも注目を集めています。この計画の開始にあたって紙の使用に関するWWFの世界的な方針を充分にお伝えしていなかった、ということは申し上げた方がいいでしょう。WWFは責任ある紙の使用を支持していますし、紙の使用すべてに反対しているわけではありません」

「紙の使用をもっと持続可能に、そして公平なものにするという取り組みは手付かずです。WWFはその達成のために事業会社と協力しながら全面的に尽力いたします」

結局のところ、天才的なアイディアか、それとも馬鹿馬鹿しい思いつきか? わたし自身は、後者に傾きつつある。

◇-◇◇-◇

この記事は、guardian.co.uk.上のデーミアン・キャリントン氏による環境ブログに掲載されたものです。

翻訳:山根麻子

Copyright The Guardian. All rights reserved.

ディスカッションに参加しよう

著者

ディスカッションに参加しよう

  • Kaori Shimada

    この記事は、WWFが新たに作り出した印刷できない形式のファイルについて、疑問を投げかけている。紙の使用量を減らすことが森林破壊の減少に貢献するだろうか。
    現実に、森林破壊は私たちが解決すべき環境問題のひとつであるが、紙の使用量が増加したことだけが原因であるとは言えない。後進国の薪炭材や、焼畑農業、先進国が原因となっている家畜のための過剰な農地の拡大など、森林破壊につながる要因はさまざまである。もちろん、私たちが日々の生活の中で資源を節約する心がけをすることは大切である。しかし、このWWFのファイル形式のように、一方的な形で紙の使用を抑えようとする方法は、本当に得策といえるだろうか。人々の意識を変えるのは容易な事ではないが、なるべく抵抗の少ない、受け入れやすい形で活動を行うほうがストレスの少ない環境対策になるのではないかと思う。
    また、WWFのファイル形式が本当に環境に優しいのかも疑問である。著者も述べているように、パソコンの消費電力と、紙の使用のどちらのほうが環境負荷が大きいのかも、はっきりさせる必要があるだろう。
     私は、WWFの思いつきは名案とはいえないが、資源を守ろうとするその信念自体は間違っていないと思う。紙の消費は、少なくとも私たちが資源を使用していることには変わりない。どうしたら資源の消費が少ない生活を送れるようになるか、考えながら生活したいと思った。また、このファイル形式が今後どのくらい普及するのかも注目したいところである。

  • Tomoyuki Nakatsuka

    私個人としては、WWFファイルの誕生は非常にユーモアあふれるアイディアであったと思う。確かに、本文にもあるように実用可能性の部分、および本当にCO2排出削減につながるのかという疑問はあるが、大量に紙が消費されている日常に警笛を鳴らすという意味で斬新であったと思う。またgreenz.jpというサイトの記事にもまるように、実際に活用している企業もあるようである。(http://greenz.jp/2010/12/24/wwf_savetree_format/)またその記事には、デジタルデータを紙に印刷するという何気ない日常的な行動をちょっと見直したり、森林保護や地球環境の保護などへの意識を高めるきっかけにはなりそうである、とある。私もまったく同意見である。