討論会2.0: 近隣開発に反対

ようこそ、私たちのエキサイティングで新しい双方向型の第1回目の討論会へ! 討論会2.0はオープンな場所であり、ここでは皆さんの考えや意見をOur World2.0に参加している仲間達にぶつけてみることができる。

何よりも大切なのは皆さんの意見であり、他の人たちと意見交換することで、気候変動、ピークオイル、食糧安全保障、生物多様性に関する議論への理解がより深まるのだ。

近隣開発に反対(次はあなたの近所かも)

それは誰もが知っていることだ。地球温暖化に対して何かをしなければいけないと。そして多くの人は自らが問題解決に関わる必要があることも認めている。でも、どれだけの人がこの差し迫った気候変動問題に進んで対処しようとするのだろう?

地域開発の提案に対して地域住民が反対することを、Not In My Back Yard(近隣の開発に反対)の頭文字をとり「NIMBYイズム」と呼ぶ。

その典型例が今週のTreehugger(環境関連サイト)で報告された。ノースカロライナ州上院議員の圧倒的多数が、山頂での風力発電の開発禁止を支持したのだ(42票対1票)。これは恐らく、外観が損なわれることに対して地域住民が抗議したことで起きた事例だろう。

この事例について皆さんはどう考えるだろう?例えば……

・ 地球温暖化に対するせっかくの対策案が、地域住民のNIMBYイズムに潰されてしまった残念な事例と考えるだろうか?

・ あるいは、この投票結果が意味するのは(ある環境保護論者のコメントによれば)、風力発電を受け入れないことで既得権益が守られる人々を国会議員が代表していると思うだろうか?

そして、もしあなた自身が同じ立場だったらどうするだろう。状況としては色々な例があるだろうが(例えば2ブロック先で風力発電が建設される等)、NIMBY症候群にあなた自身が陥った場合を想像してみてほしい。または、もしあなたが強硬な反NIMBYだとしたら、どのようにしてNIMBYイズムと戦うことができると考えるだろうか?

ご意見、お聞かせください!

翻訳:早船里枝

Creative Commons License
討論会2.0: 近隣開発に反対 by キャロル・スミス is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.

ディスカッションに参加しよう

著者

キャロル・スミスは環境保護に強い関心を寄せるジャーナリストで、グローバル規模の問題に公平かつ持続可能なソリューションを探るうえでより多くの人たちに参加してもらうには、入手しやすい方法で前向きに情報を示すことがカギになると考えている。カナダ、モントリオール出身のキャロルは東京在住中の2008年に国連大学メディアセンターの一員となり、現在はカナダのバンクーバーから引き続き同センターの業務に協力している。

ディスカッションに参加しよう

  • fumikotanaka

    まず住民にやさしい環境をつくる事が大切だと思います。温暖化対策のために、住民が暮らせない環境を作ってしまっては、本末転倒だと思うからです。

    温暖化対策のため、風力発電ももちろん大切です。しかし、新聞によると、低周波によって病気を引き起こしていると知りました。十分な調査・研究をした後で、安全であるなら、風力であろうと、水力であろうと、結構なことだと思います。

    まず私だったら、この対策は安全であるということを強調しながら、論を展開していくと思います。

  • Kitauo

    温暖化を緩和する風力発電を歓迎します。しかし正直なところ、家々がひしめく東京の住宅地に住んでいると、風力発電を設置できる敷地や、タービンが回る光景を想像できません。100メートルもの高さもあるという風力タービンが立つ風景で景観が損なわれる、野鳥が巻き込まれる、騒音や健康への心配など負の部分もあるでしょうが、燃料を必要とせずにエネルギーを生み出すわけですし、地域にもたらす経済的効果もあるでしょう。NIMBYイズムと戦うためには、開発者や賛同者は地域住民と充分に話しあい、情報を公開し、不安や心配事に耳を傾け解決する必要があると思います。儲け主義に走るようなことがあってはいけません。

    多くの風力発電タービンが並ぶ光景は、Eco風景、Eco地域の象徴にもなるのではないでしょうか。

  • hide

    みなさんこんにちわ。

    現在のテクノロジーでは、副作用を生じない発電はあるのでしょうか?

    僕はまだ聞いたことはないのですが、現在の発電方法にプラスとマイナスの面が
    ついて回るのであれば、そのプラスとマイナスを出来るだけハッキリさせる必要がある気がします。

    例えば現在の石炭を使った火力発電。
    温暖化にはマイナスですが、そのコストを電力会社や、それを買っている市民である我々が
    対価をどれだけ払っているのでしょうか?
    またはツバルをはじめ、温暖化で被害をこうむっていると思われる国に対して、排出国が
    国としてのコストを払っているのでしょうか?
    石炭火力には、さらに水銀の排出という問題もありますが、石炭によってつくられた電気を
    買ってる時点で、マイナスも生んでいることになるのだと思います。
    そしてその対策費は、天災の場合は「税金」によって、健康被害の場合は「保険料の増加」
    などによって市民は払っているわけです。

    ある発電を、風力をはじめとする「自然エネルギー」に置き換えようとする時、
    そのコストは本当はいくらか?自然へのダメージはどれくらいか?
    世界に公平に行き届かせられるか?などを出来るだけ公平に評価したいところです。
    今現在は、この全体的な評価があまりなされていない気がしますし、
    今の発電のマイナスの面をあまり計算していないために、単純に発電の原価だけで
    「自然エネルギーはコスト高」という評価になってしまっている場合もある気がします。

    さて、このプラスとマイナスの評価がある程度ハッキリしてくれば、流れも少しは違ったもの
    になりはしないでしょうか?
    現在風力発電のタービンに、既存の電力とちがったプラスの面がハッキリあると判ると
    市民の合意も得られやすいと思われます。またマイナスの面がついて回るとハッキリ判れば、
    それに対し国による公的な補助をつける上でも、有力な証拠となりうるでしょう。

    「NIMBYイズム」単純にして、奥の深いテーマな気もします。
    「全体としては賛成だけれど、その施設が近くに来るのはごめんこうむる」
    ・・・これを避けるためには、「公」の視点にみんなが立ち、マイナス面もみんなで
    フォローしていく。これが本道ではないでしょうか。
    そもそも「所有」という概念がまどろっこしい気もします。

    僕の住んでいる近くで、風力発電の話がもちあがった時、近くで営業しているパラグライダー
    のお店の方が「なにもここでしなくても・・」とおっしゃっておられましたが、
    お店のかたにしてみれば、風車の建設は即「移転」か「廃業」となりますので、反対するのも
    よくわかる気もします。こういう「直接生活が脅かされる」場合、反対してくるのが
    当たり前でもありますし、これを超えようとする場合、単に「この仕事をやめてください」
    という単純に押さえつけるのではなく「こちらに移っていただけませんか?」という風に
    うまく、手厚く新しいものに移り変わってもらう。そんな考えが必要な気もしました。

    つぶすのではなく、回転させる。

    こんなところが「NIMBYイズム」に対する僕の感じたところです。

  • Shiho

    数年前にフランスを旅行していた際、TGVの車窓から広大な丘陵に大量の風力発電の風力タービンが整然と並んでいる風景を見て驚いたことがあります。近くに民家があるようには思えない地形でした。日本の場合、風車発電所の近隣住民の健康被害に関する意見書や新聞等の記事を読むと、そのあまりにも悲痛な現状に愕然とします。風力発電設置箇所と民家の間に最低どのくらいの距離を設ける必要があるのかという重大な検証を行わないまま事業が進められてしまったのだとすれば、NIMBYイズム以前の問題として、まず行政側が早急に全国の実態調査をし、立法措置等を講じて地域住民の健康を守るための指針を作る必要があるように思います。