サム・ジョーンズ

国連大学世界開発経済研究所のリサーチフェローとして、主にサブサハラ以南アフリカに焦点を置いて研究を行っている。モザンビークの財務省の顧問を7年間務めるなど、モザンビークで幅広く活躍した経歴を持つ。