開発と社会

持続可能性、公平、健康のために、道路至上主義から脱却を

道路は都市住民の生活を改善できる多くのツールの1つにすぎず、慎重に検討、利用する必要がある。都市部の混雑と経済成長の問題に対する安易な答えとして、道路整備を無条件で受け入れる限り、長期的な土地利用や社会的公平性、そして、自分たちが作り出しているモビリティの問題をないがしろにすることになるだろう。

安全な水をすべての人に:マレーシア先住民族の事例研究

マレーシアにおける水や衛生の問題に対する取り組みは、積極的で対応力のある住民参加の効果を明らかにしている。コミュニティから政策決定者に至るまで、ボトムアップ型イニシアティブとトップダウン型政策の溝を埋めるには、考え方をシフトする必要がある。