水セクターにおけるジェンダーの盲点

UN Womenは、世界各国の政府が実施する包括的な教育、労働、社会保護の戦略と改革により、2030年までに1億5,000万人の女性と少女が貧困から脱することができると推定されている。

しかし、持続可能な開発目標(SDGs)の進歩を賞賛する一方で、極貧状態にある4億3,500万人の女性と少女のうち、およそ3分の2が取り残される可能性が高い。そのため、賞賛を手放しで喜ぶことができない。

ジェンダーの不平等がもたらす影響は、社会全体に深刻なコストと結果をもたらしている。家庭で飲料水が供給されていない80%の世帯の女性と少女達は、毎日水汲みをしている。そのため、数え切れないほどの経済的・教育的機会を逃している。

世界人口の約半分を占めているにもかかわらず、女性の指導者や意思決定者の割合が低い。また、女性が男性と同じだけの収入を得ることができれば、女性の生涯収入は半分以上増加する可能性がある。つまり1人当たり2万4,586米ドル、世界全体で170兆米ドルである。

1911年から賞賛されている今年の「国際女性デー」は、21世紀におけるジェンダー不平等を存続させている偏見に対しての認識をさらに高め、「バイアスの払拭」を目標としている。

 

•••

 

 この記事は最初にInter Press Service Newsに掲載されました。

Copyright Inter Press Service (IPS). All rights reserved.

著者

グレース・オルワサニャ博士は、国連大学水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)の研究員です。水を研究する科学者であり、開発途上国と欧米諸国の水資源管理について幅広い訓練を受けています。20年以上、水システムのリスク分析、水安全計画、水質と公衆衛生保護、水の安全保障問題の分野での経験があります

リナ・タイン博士は、国連大学水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)の水と健康に関する研究者です研究者です。10年以上、WASH (水と衛生)とHIVの分野でプロジェクト管理、能力開発の経験に携わってきた。