人権

Muslim woman at Aldgate Station, London

欧米におけるイスラム教徒女性への偏見に取り組む

イスラム嫌悪が急速な拡大を見せる中、宗教、外見、ジェンダー平等、および移住といった問題に根ざす多重の差別により、欧米諸国で暮らすイスラム教徒の女性はかつてないほどの苦境に直面しているといえる。

結婚仲介業と移民の花嫁たち:ぼやける境界線

社会経済とジェンダーの不平等が国際「結婚産業」の中核的要素となる中で、当事者の女性が結婚の商品化をどのように捉え、感じているか、そして、自由と強制、エンパワーメントと服従との間の典型的な境界線がどのようにぼやけてきたかを踏まえ、移民政策を策定するべきである。

ロヒンギャの移民女性たち:届かない声

暴力衝突が激化するとともにイスラム教コミュニティを狙った性的暴力のリスクが高まるミャンマーを脱出するために、船による危険な航海に出るロヒンギャの女性や少女たちが増えている。彼女たちは、たとえ人身売買業者に騙されて強制結婚をさせられたり売春婦として売り飛ばされたりしなかったとしても、ディアスポラ・コミュニティで生き抜くために過酷な苦労を強いられることになる。