平和と安全保障

コンゴでPKOの14人殺害 — 問われる国連の対応

近年で「最悪の襲撃」と表現されたコンゴにおける国連平和維持活動(PKO)部隊への襲撃を理由に国連の戦闘活動を強めることになれば、状況をいっそう危険なものにする可能性が高まるだろう。

なぜ偏見が世界の安全保障上の脅威なのか

今日、移住関連の事象は、国家の国際安全保障と人々の人間安全保障の双方に影響を及ぼし得る。この複雑な問題を偏見によって悪化させてはならないのはなぜか。その理由を国連大学のヴァレリア・ベッロが説明する。

ISILと混乱したエネルギー情勢

イラク南部の石油生産施設が引き続き影響を受けない限り、ISILは世界の石油供給への近い将来の脅威ではないと、有名シンクタンクの専門家らは提言する。しかし長期的には、より多くの危険と現実的な懸念が存在する。

祖父の戦争、世界的疫病、大恐慌についての覚書

世界各地で第1次世界大戦を記念し、その出来事や影響について考える時がやって来た。今回は、過去に例を見ない難問に直面した時の個人の柔軟な強さと自発的な奉仕に関する物語をお届けする。