科学技術

洪水リスクをマッピングする新ツールが災害対策を最新化可能に

世界各地で大規模な水害が頻発し、死者や経済的損失が急増し、人々は家を追われるようになりました。国連大学水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)が作成した「洪水マッピングツール」は、特に脆弱な地域において、洪水の被害やリスクを予測し、効果的な水害対策を行うための情報を提供することを目的としたものです。

新型コロナウイルスの研究の最前線に立つ女性科学者たち

2月11日の科学における女性と女児の国際デー にあたり、国連西欧地域広報センター(UNRIC)は、UNU-MERITの博士課程に在籍し、アフリカにおけるCOVID-19の影響について研究しているラッキー・バルデとタテンダ・ジニエンバの両氏にインタビューした。