科学技術

地下水からヒ素を除去:ツールがあるなら使おう

世界の50カ国で少なくとも1億4,000万人が、世界保健機関(WHO)のガイドラインを超えるヒ素を含む水を飲んでいる。WHOが推奨する上限の10倍を上回るヒ素濃度の地下水が使われている場所もある。ヒ素汚染水の消費という問題を軽減し、根絶するための費用効果的なツールはあるのだから、それを使おうではないか。

淡水を渇望する人間に対する塩辛い脅威

淡水化プラント(海水を処理して淡水(真水)を作り出す設備)は、現在177カ国の約1万6,000カ所に設置され、ナイアガラの滝の流量の約半分に相当する淡水を生産している。しかし、こうした淡水化プラントの急増は、化学薬品を大量に含む廃塩水をどう処理するのかという、難しいジレンマを生む。今回、調査を通して、全世界で生産される超高濃度塩水の量が、それまでの予測を約50%も上回っているという事実が明らかとなった。

AI(人工知能)がアフリカにもたらす利点と欠点

アフリカで高まる成長への期待に応えるためには、アフリカの国々が直面するガバナンス課題に対する革新的なアプローチが必要となる。その解決策とされているツールの1つが、AI(人工知能)だ。国家が脆弱で不安定な場合、その能力を増強する際に有用なツールになる。しかし、多くの技術が破壊性を持つように、AIはよい目的にも、悪い目的にも用いられる可能性がある。