先祖の魂と共に歩む

オーストラリア北東部の熱帯地方に位置するシップトンズ湿地帯で、ククニュングカル族のマリリンは夫とともに暮らしている。

彼らはここで、現代生活のサービスや利便性を享受することなく、伝統的暮らしを送っている。

先祖の慣習に習い、マリリンは「ニュングカルの土地」を歩いて、周囲の魂を感じ、会話をすることを日課としている。

彼女が挨拶するのは、水源である小川の精霊、彼女が生まれる前からこの土地を守ってきた両親と祖父母の魂、岩と化した先祖の霊、木陰となり、日々の糧となってくれる木々や動物の霊だ。

気候の変化

マリリンは、気温の変化を肌で感じているという。気温上昇は、ニュングカルの自然摂理に変化を及ぼしている。動物たちは高地へと移動し、流れある河川は停滞し、淀みつつある。

「この土地は変化しつつあり、食糧も減ってきている。動物たちが高地に移動してしまったら、いつか空に消えてしまうかもしれない。」とマリリンは懸念している。

彼女が感じている「変化」。それはすなわち、科学者が言うところの「地球温暖化」で、20世紀半ば以降の大気や海水の平均温度の増加を指す。

2005年までの過去100年間で、地表が0.74 ア 0.18℃上昇し、生物気候学者は2070年までに1.1~4℃の上昇を予測している。

どういう意味か?

地球温暖化は、海面上昇、洪水や干ばつを引き起こす降水量の変化、異常気象の発生頻度の増加、生物多様性への脅威などの、大規模な変化を及ぼすと予測されている。

シップトン湿地帯のようなオーストラリアの湿潤熱帯地帯では、気温が4.5℃上昇すると、固有脊椎動物の約65%が消失すると言われている。(熱帯湿潤地帯管理委員会の熱帯湿潤地帯レポート2007-2008を参照

マリリンも「気温が暑くなってきているので、このままでは動植物がいなくなってしまう」と懸念している。このまま気温上昇が続ければ、自然の調和が乱れ、精霊が消えてしまうだろう。

地球温暖化はシップトン湿地帯を脅かすだけではない。近年、マリリンの家の近くに、鉱山が開発され、ダムも建設された。人口湖周辺の木々は枯れ始め、マリリンは動物や鳥たちが「汚水」を飲まないようにと日々奮闘している。

私たちにできること

この後、人口湖を後にしたマリリンは、この土地が破壊されることに対する、深い悲しみの胸の内を語ってくれた。

「私たちは万物の世話をする責任があり、すべての人々が結束しなければならない。いま私たちが協力して声を上げなければ、私たちの土地はすべてを失ってしまうだろう。我々の土地、我々の民、我々の精零は、病にかかってしまうだろう。」

我々人類が抱き続けてきた「進歩、開発、改善」への探求心は、自然との協調を図りづらくしてきた。

21世紀における環境変化の課題。 それは、アボリジニ文化のように、自然の移り変わり、色や音色に耳を傾け敬意を払えるよう、我々の認識を明確に変えていくことだろう。

—————–

本ビデオと記事は、「先住民の気候変動アセスメント」を補完するものであり、国連大学伝統的知識イニシアチブの一環である。このイニシアチブを支えるクリステンセン基金の支援に感謝する。

unu-ias-tki

リンク:

TKI – 先住民の気候変動アセスメント

気候変動に関する先住民のグローバルサミット

Creative Commons License
先祖の魂と共に歩む by アメヤリ・ラモス・カスティージョ is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Based on a work at http://ourworld.unu.edu/en/walking-on-country-with-spirits/.

ディスカッションに参加しよう

著者

国連大学高等研究所の伝統的知識イニシアチブ(TKI)にて、水管理と気候変動プログラムに携わる兼任リサーチフェロー。 地球環境問題と伝統的知恵の相互関係についての調査、地球環境問題の持続可能な解決策としての伝統的知識の役割に焦点をあてる。主な活動に、伝統的知識に基づく解決法の記録をはじめ、伝統的知識の認識を深め、国際政策へ適用させるなどが挙げられる。TKIに加わる前は、国連大学高等研究所にて、持続可能な開発のための科学政策プログラムに博士課程研究員、コンサルタントを務める。

オックスフォード大学環境研究所とオックスフォード大学ウォーター・リサーチセンターにて水管理の文化的再水和についての博士号を修得中。ラテンアメリカにおける水管理協定と先住民ガバナンスシステムの形成について研究している。

ディスカッションに参加しよう