新型コロナウイルス感染症

SDGs達成に向けて ー 国連大学の研究

新着

新着

水特集

洪水リスクをマッピングする新ツールが災害対策を最新化可能に

世界各地で大規模な水害が頻発し、死者や経済的損失が急増し、人々は家を追われるようになりました。国連大学水・環境・保健研究所(UNU-INWEH)が作成した「洪水マッピングツール」は、特に脆弱な地域において、洪水の被害やリスクを予測し、効果的な水害対策を行うための情報を提供することを目的としたものです。

水の安全が保障された世界はあるのか?

2030年アジェンダで達成が謳われている「水の安全保障」 というものは、非常に不明確な概念であり、この世のどこにも存在しません。今のところ、達成のために必要な行動や研究は、明確な定義や基準に欠けています。水の安全が保障された世界を実現するために、水の科学はどうあるべきでしょうか?

東北とレジリエンス

ビデオ