メコンデルタ地域から学ぶ、安全な水とは

SDGsの目標6において要となるのは淡水系の規模の広大さであるが、「すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」ためには、地域コミュニティへの働きかけから開始して段階的に規模を拡大していくというアプローチを採ることにより、日々の暮らしの中で利用される水についての理解を深めていく必要がある。

新着

新着

たばこ産業に屈する日本は条約違反、と専門家

もし日本政府が2020年の東京五輪に向け、公衆の集まる場所での屋内禁煙の義務化を実現できなければ、加盟している国際的なたばこ規制条約に違反したとして非難の的になる可能性があると、国連大学の専門家オビジオフォー・アギナム氏は指摘する。

オピニオン

福島特集

コモンズを記録する

写真で読む

ビデオ